アマゴ,イワナ 2024年5月11日の美馬市の川の釣果情報

ヤマトマスの谷✨


11
讃岐カエル
GWも明けて、剣山系の谷の状況はどうかなと釣査✊
気になるK谷には、車止に一台の軽ワゴンが😅
仕方がないので別の谷へ🚗💨
林道で快適に下降( ´∀`)♪
と思ったら途中で途切れ、傾斜のヤバいガレ谷を降るハメに😭 なんとか入渓し、いきなり良い渓相が現れる☺️
すぐにGH46ハンプバックでイワナ23cmを連荘キャッチ🙆 遡行していくと良い渕が連続して現れ、順調にイワナをキャッチ😊
しかしサイズは伸びません😅 16cmと小型ながら、引きの鋭いアマゴも出てくる😄
今日はお初のグラスコンポジットロッドのため、普段のカーボンロッドと比較してよく曲がり、手応えもよりダイレクトに伝わるように感じます👍 さらに遡行を続けると、浅めながら雰囲気プンプンの落ち込みが😍
ここには必ず何かいるはず…と思いトリコロール流芯43HWをトゥイッチしてくると、ガツンとバイト💥 おおっキレイな23cmのアマゴ…いや全く朱点がないぞ😲
これはヤマメじゃなく、もしかしてヤマトマスじゃないか😆
腹部の斑点の多さや不揃いなパーマーク、それに若干尖った吻…アマゴ、ヤマメに分化する以前の古の面影を感じ、しばし見惚れます😍 同じポイントで26cmの良型イワナもヒット‼️
手応えもGoodでした✨ さらに上流でもポツポツとアマゴ、イワナがバイトしてくれます🙆 上部中央の影から良型がサッと出てきて、ミノーを搔っ攫う💥あっワンテンポ遅れた😱巣穴に潜られ出てきてくれませんでした😭
イワナくんごめんなさい😓
油断大敵…尺近いヤツだったかも💧 欧州の古城を彷彿とさせる、ガー◯ー黒光り大堰堤…高巻きも不可なほど切り立った両岸に、ここで引き返すほかない😓
最後に出てくれ🙏とメテオーラ45のキャスト&トゥイッチで… ガッツンと衝撃💥グイグイ底引きしたかと思うとジャンプ&ヘッドシェイク😲
25cmのグッドファイターをキャッチして満足の納竿🙆 またゴルジュ帯を下降ポイントまで戻ります…往路のガレ沢は崩落の恐れがあるため、手前の尾根を立木に掴まりながら急登😂
無事車止に辿り着き、胸を撫で下ろしましたε-(´∀`*)ホッ 今日の釣果は、アマゴ15cm〜23cmが3匹、イワナ20cm〜26cmが8匹(すべてリリース)でした☺️
今までに朱点の薄いアマゴをキャッチしたことはありましたが、全く朱点無しの個体は初めてです。あくまでも可能性の域を出ませんが、この四国にもヤマトマスが生息しているのかと特別な感動を覚えました(遺伝子解析してもらいたい…) 今回、貴重な原種の可能性があるため、保護の観点から谷の名は伏せましたが、確かに朱点の無いアマゴ(アメゴ)は生息していました✨
ただ朱点のある、明らかに系統の違うアマゴ(放流魚?)がいたことも事実です。しかし、どう見ても放流できる区間ではないため、上流から稚魚が流されてきたのでしょうか?
そうなると原種と放流魚との交雑も生じてしまう…いや、もう既に生じているのではないかと懸念しています(。ŏ﹏ŏ) 今日の魚は、偶々入った谷で奇跡のような出逢いだったのか?
剣山系には計り知れない太古からの生態系が残されている…これからも釣人の立場から、魚たちとの貴重な邂逅や釣り場での諸問題を発信していきたいです😌
いつもながら長文乱筆失礼します。最後まで読んで頂き、ありがとうございました🙇

この日の釣果一覧

川-美馬市の川
アマゴ3匹イワナ8匹

今回使用したタックル

ロッド

ロッドは非公開です

リール

リールは非公開です

ルアー

ルアーは非公開です

ライン

ラインは非公開です

いいね!を押してポイントゲット!

讃岐カエル

49フォロワー

コメント(0)

同じ地方(エリア)の投稿

同じ都道府県の投稿

同じ釣場の投稿

\釣りが3倍楽しくなる!/ 釣りバカ甲子園でできることとは?